これに注意!!⇒「セブン銀行より大切なお知らせです」

2015.12.04 Friday 07:11
0
    今朝、こんなメールが届いていました。

    「セブン銀行より大切なお知らせです」

    えーっとなになに・・・と開こうと思いましたが、何か引っかかる・・

    そう思って差出人をチェックしたら「【セブン銀行】 <news@sevenbank.co.jp>」となっている。

    ここを見る限り問題はなさそうだが・・・何か気持ち悪い
    というのは、今までこんな連絡が来たことがないからだ。

    本文を読むと以下のような内容が・・

    こんにちは!
    (2015年12月1日更新)
    「セブン銀行」のシステムが安全性の更新がされたため、
    お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、直ちにアカウントをご認証ください。
    以下のページより登録を続けてください。

    https://ib.sevenbank.co.jp/IB/IB_U_CO_002/IB_U_CO_002_100.aspx?Lang=ja-JP

    Copyright (c) Seven Bank,Ltd. All Rights Reserved.

    リンク先も正しいようで、なんだろうかとこのリンクの上にマウスを持っていった瞬間
    このリンク先の正体がみえました。

    http://www.qhzhfdc.com/js/

    なんとも怪しいリンク先です。。 多分これは偽サイトでしょうね。
    警戒しながらリンク先を開くと、画面はまったく同じでした。
    見た目では区別がつかないようです。

    でもある点が違っています。
    それは、
    偽サイトの場合はブラウザの上のアドレスの色が違います

    正しいサイトと偽サイトの比較です↓ 重要!
    セブン銀行のログイン時のアドレス表示

    ここを見ればすぐわかりますね。
    アドレスバーが緑になるのは、正しい証明書をもった安全なサーバーということです。
    大手銀行や大手通販サイトなどではこうやって安全を確認できるようになっているのです。

    気をつけるべき次の点は、アドレスの先頭の部分にセブン銀行の本来のサーバー名が書かれていたりと手がこんでますね。
    こういうフィッシング詐欺には十分注意してください。

    ポイント!
    もしこういうメールがとどいた場合、メールのリンクは開かず、直接サイトを検索して
    そこのログインから行うようにしましょうね。

    (それでも100%ではないので、大事なサイトは上記のようなアドレスの確認をしましょう!
    また、こういうフィッシング詐欺に対応した機能を持つウィルス対策ソフトもあります)

    こういうのに強いウィルス対策ソフトは以下のものがあります。
     

        
     
    category:サポート | by:ミーズcomments(0) | -

    Windows10へのアップグレードがオプションから推奨になるかもしれない

    2015.12.03 Thursday 11:48
    0
      ここ最近、Windows10に間違ってアップグレードしてしまう騒動が多かったのだが、それがもっと怖くなるようなニュースが舞い込んできた。

      MS、「Windows 10」へのアップグレードプロセスを改善」という内容だが、その中身を読んでみると気になる点がある

      ↓↓↓↓↓ 抜粋 ↓↓↓↓↓↓
      今のところ、MicrosoftはWindows 10へのアップグレードを「オプション」のカテゴリに分類しており、2016年の早い時期にその分類を「推奨」に変更する見込みだ。

      これをきいて、げげっ! (°0°)!! まじか!

      ってびっくりしました。
      オプションであればWindowsUpdateは自動実行されないけど、推奨になれば、WindowsUpdateで自動実行されてしまうからです
      あぁ、考えるだけでも恐ろしい・・・

      弊社の直のお客様を1つ1つ回って、推奨をインストールしない設定に変えなければ・・・
      気が遠くなりそうです。。
       
      category:OS | by:ミーズcomments(0) | -

      メインのデータはどこにある? <その1>

      2015.12.03 Thursday 08:24
      0
        お客様のところでいろいろと困っている点について、業務改善のアドバイスをすることが増えてきました。
        最近では昔のように「コンピュータを使ってなんとか効率化したい」というのではなく、「いろいろなところにデータがあるのだが、それをまとめる作業が毎月大変なのでどうにかしたい」という内容が増えてきています。
        これは、パソコンでデータを管理できる方が増えてきたからではないかと思います。
        ただ、各々が自分の作業だけを効率化するために作ったシステムはいろいろと問題が出てきます。
        さっと気が付くことでは以下のものがあります。

        1.エクセルでデータ管理をしている場合
        • 沢山のファイルに分かれている
          • 年毎、月毎に別ファイルにコピーして作っていて、全体からの集計ができない
          • 列の追加や修正があった場合、過去のファイルはそのままになっている
        • マクロや数式を使っている
          • マイナーなマクロを使っていて他の列の修正時などに正しく機能していないが気づいていない
          • ところどころ数式がなかったり間違っていたりしても気づいていない
          • 循環参照が発生しており、計算結果が正しいかどうか不安
          • 担当者が退職し、メンテナンスできる人がいなくなった。パスワードがわからない。
        • 文字数制限が無い
          • 文字の長さに制限を持たず、長い文字列を再利用しにくい
        2.担当者が管理しやすいアプリで管理している場合
        • 個人的に見つけたソフトの使用
          • どこかで見つけたフリーソフトシェアウェアを使っているがデータをエクスポートできない
          • ライセンスを個人でお金を払って使用している
          • 違法コピーやライセンス違反で使っている
          • 複数人で扱うことができない
        • データベース管理ができるソフトの使用
          • 扱える特定の担当者しか使うことができない
          • 最新のパソコンOSに対応させるバージョンアップに高い費用がかかる
          • ライセンス数を違反して使っている
          • 複数人で扱うことが難しい
        3.引き継ぎされたデータの場合
        • 前の担当者がITに詳しかった場合
          • 引き継いだ人は、このデータが何に使用されるかも分からず保守し続けている
          • 実際にはどこにも使われていない(そのうち使う予定だった)データも管理している
          • 消費税の変更など、昔は当たりまえだったことがそうではなくなって対応できない
        4.部署が複数ありそれぞれの交流が限られている場合
        • 各部署で業績を縦割りで管理している場合
          • 各部署で同じようなデータを管理していて、ムダが多い

        など、いろいろですね。
        これ以外にも、運用上の問題も多くあります。
        どれも共通して問題なのが、会社のデータとして標準化されていないために有効に今後も活用できるかどうかわからない点です。

        弊社ではこういう場合、まず業務の流れとその時に必要なデータをヒアリングしていきまとめていきます。
        その中で非効率的なデータや無駄な作業を見つけ、再構成してお客様にあったご提案をしていきます。

        弊社ではサーバを設置し、そこに共有フォルダを設けてファイルを一元管理させることはもちろん、
        データベースを導入し、必要なデータを必要なときに必要な権限をもった人が検索・出力・保守できるようにします。
        もちろん導入費用はかかりますが、こうすることで会社全体の無駄が削減され、残業を減らしたり、事務員を減らしたりもできるのです。
        ※事務員が減っても現場や営業などへの配置替えなどで今以上に成果も期待できますね!

        今すぐの出費ではなく、数年後を見た効率的な投資をできるように経営者・管理職の方は考えてみてくださいね。
        category:SEとして | by:ミーズcomments(0) | -

        Calender
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        弥生製品
        最高に安いレンタルサーバー
        ネット注文はアマゾン
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM