2拠点以上での販売管理について

2010.04.23 Friday 09:38
0
    ここ1〜2年の提案で多くなってきているのが、複数拠点で同時に使える販売管理システムです。


    ほとんどのケースが、他社でお見積りを取得された後に「こんなに高額な見積もりがでたのですが、御社のソフトで安くできませんか」というものです。

     

    この時点で少しヒアリングをしますが、ほとんどの場合は複数拠点対応の高額なシステムは不要で、1拠点で2台のPCで使えればよい簡単なシステムを別の場所でも使いたいというものです。
    簡単に言うと、別の場所でも伝票が発行できればそれでいいのです。

     

    こういう場合に大手が提案する構成で多いのは、パッケージのネットワーク対応版のソフトです。
    通常のソフトでは10万もあれば購入できるものが、ネットワーク対応版になるだけで数倍します。
    また、サーバーを別途購入する必要があったり、そのサーバーもデータベースサーバーとアプリケーションサーバーの両方が必要だったり、ネットワーク回線の費用から工事費用、ルーターの費用という
    あらゆる追加費用がかかってきます。

    「なぜこういうものが必要なのか?」と聞かれますが、どれもメーカーが自分のサポート外のところをだれかの責任ししたい為の逃げなのです。
     

    たとえば2拠点間のネットワークにした時に、データが壊れたとします。
    そうすると、まず以下の可能性が考えられます。
    1.安いルータなので性能が悪い為にデータが壊れた
    2.安い回線で不安定になった為にデータが壊れた
    3.安いサーバーにした為にデータが壊れた
    4.安い業者が対応した為にデータが壊れた
    5.安いパソコンで稼働させた為にデータが壊れた

    などです。。
    こういう不安があるって言われたら、ちゃんとした会社で高額な費用を払って構築するしかないように思ってしまいますが、本当にそうでしょうか?

    当社では、上記内容が発生するのであれば、それは安いことが原因ではなく高い費用を払っても少なからず発生するものだと考えます。
    そうなる頻度がどれだけあるかということなのです。

     

    例えば毎日データが壊れるのであればそれは大問題です。
    しかし、それが5年に1度壊れるぐらいであればその対応を考えればよいのです。
    高額な機器にしたとしても、せいぜい10年に一度壊れる確率ぐらいにしかならないでしょう。
    その為にいくら追加費用を払うかということです。

     
    アマゾン.comや、楽天のように、販売管理システムが停止した場合に、1分で数百〜数千万円の損害がでるようなシステムでは別ですが、中小企業であれば、たとえ1日〜2日の間パソコンが壊れても、手作業や電卓で何とでもできるでしょう。
    その時に最近(例えば昨日の終了時点)のデータに戻せればなんとかなるというレベルであれば、その条件を満たすだけの追加費用でよいと思いませんか?
     
    あるお客様のケースでは、大手が出した見積もりに対して、弊社の提案では約5分の1の費用で実現できていますし、何のトラブルも発生していません。
     
    状況によって使えないケースや、お客様がどのレベルまでなら安全アップに費用を追加してよいかなどもありますので、基本的には訪問してヒアリングさせて頂きますので何なりとご相談ください。
     

    category:自社製品 | by:comments(0) | -

    会社の会計を把握していますか?

    2010.01.15 Friday 13:21
    0
      会計処理というとなんだかお堅い税理士さんが、毎月伝票を持って帰って2カ月後ぐらいに状況を説明しにくる。。 とそういう風に考えている人はいませんか?

      安定した売上をしている経営者にとって、会計はそれほど意識していないことがあります。
      しかし、売上をするということは何かを販売しているということでその売上利益によりお給料が支払えるのですが、販売という側面だけをみると売上・入金・仕入・支払は管理できても、水道光熱費や賃借料、各種経費、給与や賞与、厚生年金、社会保険など、他にも出ていくお金はいっぱい存在します。

      販売管理では利益があっても、これら全ての会社の収支をチェックしないと会社は存続することができません。
      個人で行っている事業なら、出資者が自腹を切ってお金をいくらでも出すのであれば問題はありませんが、利益の出ない会社は存続する意味がないですよね。

      また、新たに何か投資をしようとする場合には、お金が今手元にいくらあるのか。
      これから先いつ頃にはお金がいくらあるのか。 資産はいくらあるのかなどをチェックしないといけませんが、十分な資金が手元になければお金を借りることになります。
      しかし試算表が2ヵ月も遅れて手元に届くようでは、なかなか正しい意思決定はできません。

      パソコンを使った会計ソフトを導入すればいいのでは?
      と思った人も多いと思いますが、それは方法の1つであって目的は「いかにリアルタイムに会社の状況が把握できるのか」ということです。
       

      弊社ではこれを『リアルタイム会計』と呼んでおり、税理士さんに全て任せるのではなく自社で常に把握できるようにしておくことを推奨しています。
      この事により、最新の全社業績、目標としている利益の達成率や前年との比較など、企業の経営管理に役立つ情報を自分の目で確認することが可能になります。
      このように、リアルタイム会計は、経営者の為の一番大事なシステムなのです。

       

      当社が推奨しているのは「弥生会計プロフェッショナル」です。
      販売管理についても、小規模ならば「弥生販売」で運用できますし、中規模や特殊伝票が多いのであれば弊社の「ココナッツ販売管理」がお薦めです。
      これらの販売管理ソフトも弥生会計への連動が可能になりますので、二度手間になりません。
      給与計算も自社で行うのであれば「弥生給与」もありますし、このソフトも弥生会計へ連動ができるのです。

      連動できるソフトを導入することで、社内業務を効率化し、外注している経費も削減できますし、一石二鳥とはこのことだと思います。


      弊社では弥生会計、弥生販売、弥生給与のインストラクターが常駐しており、訪問セミナーも行っております。
      複数のPCから同時に売上を入力するといった社内LAN(ネットワーク)の構築も一貫して対応可能ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。

       

      category:自社製品 | by:comments(0) | -

      出張デモが増えてきました

      2010.01.08 Friday 11:42
      0
        昨年は展示会や事業発表会など、近畿圏内ですが地道に参加していましたが、昨年秋頃から弊社への問い合わせが格段に増えてきたようです。
         
        問い合わせ内容の大部分は、「ココナッツ販売管理のデモ依頼」です、次にココナッツ受注管理、ココナッツCTIの順になりますが、どこの企業にも言えることですが、「それほど高機能は望んでいない」と思います。
         
        市販ソフトなどで勉強されているのか、どこか別の会社のデモで聞いたのかというような、きれいなグラフや百種類にも及ぶほとんど使わないような帳票機能を比較していることはまずありません。
         
        やりたいことは、「事務作業を楽にする」、「会社の数字がリアルタイムに見えるようにする」というのが一番で、次に「ミスを減らす」、「リプレースで経費を抑えたい」という内容が多いです。
         
        デモで機能をお見せするのですが、ヒアリングをしていると導入すべき優先順序が見えてきます。
        それを一旦持ち帰り、お客様に最適な提案書をお見積りと合わせて提示します。
        既に出来上がったパッケージを売るのではありませんので、 最初のデモではなかなか価格面まで説明することはできませんが、値段を聞いた約8割の人が「えっ?」思ったより安価なのに驚かれるようです。
         
        弊社は、相見積もり大歓迎です。
        変な価格競争はするつもりはありませんが、弊社はソフトのメーカーなのでお客様の費用に応じたソフト作成も可能なのです。
        大まかな費用を出して、お客様の予算を超えそうなら、どの機能を削るかによって費用を抑えることは簡単ですし、逆に予算がある中で最大の提案も可能になります。
         
        それに弊社が最高に力を発揮するのは、アフターフォローです。
        弊社のお客様のシステムは、パッケージのように売り切りではありません。
        また、パッケージメーカーの都合でバージョンアップすることもありません。
        その分、お客様に合わせたカスタマイズが超安価でできるのです。
        保守契約内容によっては、カスタマイズのほとんどが無料になるプランもあります。
        システム導入でリプレースするまで5年と単純に計算しても、5年間に業務のやり方が全然変わらないことはありません。
        小さな運用での問題が出たら、それをカバーするようにシステムを修正していき、お客様独自の、かゆいところに手が届くシステムが出来上がっていくのです。
         
        弊社が導入しているお客様には、京都の老舗、大手電機メーカーの品質管理部門、卸売業、スーパー、100円均一販売業、個人事業主様、小売業など多岐にわたっていますが、ほとんどのお客様が当初導入時からカスタマイズを繰り返しさせて頂いており、とても高い評価をして頂いてます。
         
        自社に専属のIT担当者を置くのは難しいという会社様には、弊社はぴったりだと思います。
         
        「お会いできたすべての方の力になりたい」
         この精神で頑張ってまいります!

        category:自社製品 | by:comments(0) | -

        Calender
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        弥生製品
        最高に安いレンタルサーバー
        ネット注文はアマゾン
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM