ドアホンの交換

2010.01.09 Saturday 17:41
0
    弊社の事務所は2Fにあるのですが、電話中のときや完全に閉め切って仕事をしていると、玄関のチャイム音が聞こえなかったりすることがあります。
     
    なかなか荷物が届かないな? と思っていると、ポストに不在連絡票が入っている場合もあります。
     
    冬場は特に閉め切るので注意が必要なのですが、それならWEBカメラを2Fから仕込むか、玄関のドアホンを交換するかのどちらかを検討することにしました。
     
    まずWEBカメラですが、安いものはほとんどがUSB接続です。
    LANタイプもありますが、価格が高くなるし無線LAN形式はもっと高くなります。
     
    ・・・ということで、いとも簡単にWEBカメラ案は無くなりました。
    あとはドアホンの検討です。
     
    今のドアホンは約10年前に取り付けたもので、アイホンという会社の白黒タイプです。
    玄関のモニタと親機のセットで、既にもうない機種で中古が流通しているようです。
     
    いまさらこんな古いタイプのものを増設しても・・と思い、新品を探すことにしました。
     
    玄関のドアホン、親機、それから無線の子機のセットで調べると、Panasonicが人気なようです。
    売れ筋もkakaku.comで探すと3万円前後で買えるみたいです。
     
    現行のタイプが電源直結タイプ(コンセントではない)ものなので、自分で取り付けるには電気工事士の資格が必要とかかれてました。。。
    でも、口コミを見たり、メーカーHPから取り付け説明を見る限りは超簡単なようですし、新規取り付けでもないので(交換だけ)自分で工事をすることにして、以下の機種を購入しました。
    Panasonic VL-SW230K
     
    これが送料込で¥26,250で買えるんだから安いものです。
    100109_150159.jpgこんな箱です。
    100109_151142.jpg中身はこんな感じ
    100109_151430.jpgこれが今までの親機。
    もちろん電源直結タイプなので、ブレーカーを落としての作業です。
    電気ビリビリ大嫌いなので、超慎重に作業しましたが、交換だけなら、ちょっと工作が得意な人ならできるレベルですね。
    100109_155526.jpgということで、カラーに変身!!
     
    これで 2Fでも、ベランダでも、トイレでもどこにいたって応答ができますね。
    もっと早くやればよかった。。
     
     
    ※工事を別途頼むと2〜4万ほどかかるようです。
      でも本当は電気工事士の資格がいるんですよね。罰則はないけど、もし火事になったらいけないので、注意が必要です。
     
     

    category:日記 | by:comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    弥生製品
    最高に安いレンタルサーバー
    ネット注文はアマゾン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM