偽の注文確認メールに注意!!

2010.06.21 Monday 08:31
0

    迷惑メールが増えてきてとても困っているが、その中でも偽の注文確認メールが届くケースが増えてきました。
     
    今回来ていたのは、 Amazon.com を超真似た注文確認メールです。

    メールの件名(タイトル)は、「Your Amazon.com Order」でした。
     
    ロゴは Amazon.com と見た目は変わりませんが、最後の .com の少し右上に ' (アポストロフィ)がついているようでした。
    しかし、差出人は正式に Amazon.com と書かれていますし、メール内容もものすごくよく(真似て)できています。 
     
    そもそも海外のAmazonからは買うこともないのと、金額が.99と書かれていたこともあり、嫁さんに聞いてみると、「私も同じようなメールが何度か届いている」というそうです。
     
    間違った注文メールは、確認する為にそのサイトにログオンしてユーザIDとパスワードを入力しますので、もしここの注文確認メールの内容をクリックして、そこからログインしてしまうと、ユーザIDとパスワードが盗まれてしまうことになります。
     
    こうなったら、もうあとのまつり。
    海外からカード会社を通じて、根こそぎお金を持っていかれてしまいます。
    下手すると、お金を借りてまでもっていってしまうかもしれません。
     
    あれ? っというようなメールが届いたときには、そのメールについているリンクは絶対にクリックしないようにしましょう。
     
    今回の例であれば、Amazon.com にログインする場合には、自分で正しいURLを入力してから、注文の確認をするようにしましょう。
    私も念の為に正しいURLからログインして注文履歴を確認しましたが、問題(購入履歴)は存在しませんでした。
    このように念の為に正しくログインしてみておくことも大事です。
    というのは本当にユーザIDやパスワードを盗まれた場合は、注文が入っているからです。
    キャンセル作業もしておかないと、海外から商品が届くと返品もなかなかできません。。
     
    もし被害にあった場合には、ユーザIDとパスワードを盗まれた方が悪いということになりかねませんので。。
     
    それでも被害にあった人は、すぐに近くの警察に連絡して被害届を出すのと、カード会社にするに連絡することも大事です。 また、専門のサイバー警察にも相談することをお勧めします。
     
    サイバー警察は
    http://www.npa.go.jp/cyber/index.html
     
    です。
     
    こういう事件も多く、巻き込まれる可能性も高くなっています。
    パスワードを数字だけの生年月日や名前の一部などを使うようなもの(単語として推測できるもの)は避けるようにしておくようにしましょう!
     


    category:日記 | by:comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    弥生製品
    最高に安いレンタルサーバー
    ネット注文はアマゾン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM