サーバーの進化と開発環境の進化

2014.12.03 Wednesday 00:00
0
    弊社社内サーバーが既に6年目になろうとしているのですが、
    いままで故障もなく過ごしてくれたことをありがたくおもっています。

    今までのサーバーは DELL PowerEdge T602 という機種で、OSはWindows Server 2008
    CPU は Quad-Core AMD Opteron 2378 を2つ搭載し、メモリ12GB
    DiskもRAID10を採用して高速書き込みができるHyper-V用のサーバーでした

    特に不自由はないのですが、もし壊れるとかなりイタいので、タイミングを考えていました。
    ちょうど夏に、DELLがサーバー40%オフのキャンペーンをしているのを知って、ようやく
    切替をしようと思いました(笑)

    次のサーバーは DELL PowerEdge T420 という機種で、CPUは1つしか装着できないタイプです。
    CPU Intel Xeon E5-2440 v2 というもので、1つなのにコア8つですし、以前の倍の性能にアップしています。
    メモリも32GBを搭載し、HYper-V配下のOSにも4GB〜8GBの十分なメモリを割り当てることもできましたし
    RAIDを10から1に変更した点で、DISKが遅い以外は申し分ない性能です!
    OSも Windows Server 2012 R2 Standard にアップグレードしたので、配下のWindows8.1もサクサク
    稼働し、新たしい開発環境もバッチリです!!

    次に開発環境ですが、2015年以降本番を迎えるお客様においては、最新環境での開発となります。
    Visual Studio 2013 Professional をベースに、サーボパーティーのツールも最新になります。
    このおかげで、お客様環境については、Windows8.1 64ビットをフルサポートできるようになりました。

    この6年間で培った色々な資産を、現在移行中です。
    是非、来年度開発予定のお客様はご期待ください!
     
    category:サーバ構築 | by:ミーズcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    弥生製品
    最高に安いレンタルサーバー
    ネット注文はアマゾン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM