互換バッテリー

2015.12.02 Wednesday 09:20
0
    弊社では安心してお客様に業務を行ってもらうために、サーバーの導入を勧めています。
    そしてそのサーバーは24時間運転で日々大事なデータやファイルをバックアップしてくれます。
    また、弊社からのアップデートモジュールもそのサーバを通じて自動更新される仕組みです。
    そういうサーバーにとって、電源はとても大事なものです。

    冬になるとどうしても暖房器具などをコンセントにさして使っている方が多いのですが、1つのコンセントに接続できる容量は決まっていて、沢山使いすぎるとブレーカーが落ちたり、最悪なケースでは発火したりもします。
    こういう場合にサーバーの電源が落ちてはいけないので、UPS(無停電電源装置)という機器を間に取り付けます。
    このUPS(ユーピーエスと読む)はいわゆる蓄電池です。
    普段は電池を貯めていて、いざ停電や瞬断(一瞬電気が途絶えること)、電圧の低下時に充電池から電気を供給してサーバーを守ってくれるのです。
    またサーバーにソフトを入れ、ケーブルでつなぐことにより、停電が長く続きそうな場合には、自動的にサーバーの電源を落としてくれるという機能もあったりします。

    これがあれば夜中に予定していない停電があった場合なども安心ですね。

    で、弊社でよくお勧めしているのが以下のものです。

     

    で、これらは大体2〜3年程度でバッテリが不安定になってきますので、バッテリのみを交換することになります。
    それがこれです。
    メーカー純正にこだわる人にはこちらでしょうね。



    しかし純正だと結構するのですが、いつも弊社が使っているのは以下のものです。
    めちゃめちゃ安いですよね(笑)
    ただし、交換についてはまったくのド素人でビデオデッキの配線すらできない!って人には無理かもです。。
    そういう人は迷わず純正を買ってくださいね。
    でも、なんとかなるさ! って言える方にはこちらがおすすめですよ^^



    APCのUPSで 500/750のシリーズだと交換時期が2〜3年なので、最近はこういう別のメーカーのものも
    よく使いますね。 これだと3〜6年は持つようです。

    こういう種類を選ぶときのポイントですが、バッテリ出力波形が正弦波のものを選ぶといいと思います。
    昔はこういうタイプが高かったのですが、最近は正弦波でも安価になってきて便利です。
    いざという時のために大事なデータを守るサーバとUPSの導入をご検討くださいね。

    関西であれば弊社が導入からサポートまでしっかりとやらせて頂きます!

    category:サポート | by:ミーズcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    弥生製品
    最高に安いレンタルサーバー
    ネット注文はアマゾン
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM